空から景色が眺められるヘリコプター遊覧飛行の紹介

最近は、首都圏や関西圏の大都市や有名な観光地・景勝地などで、ヘリコプターの遊覧飛行サービスを利用して空から景色を眺めることができるサービスが人気を集めています。


3人または5人乗りのヘリコプター遊覧飛行サービスを利用すれば、大都市の夜景や雄大な自然を空から楽しむことができます。

紅葉の時期であれば、京都の嵐山や東山の美しい紅葉を空から眺めることができるクルーズツアーも利用できます。

多角的な視点からヘリのチャーターの情報がわかりやすく紹介されています。

ヘリコプターの遊覧飛行の費用は、機体のサイズとフライト時間によって決まります。3人乗りの機体であれば、10分あたり5万円、5人乗りの機体であれば10分あたり7万5千円が大まかな費用の目安です。


ただし、10分コースよりも20分〜30分コースを選択した方が単位時間あたりの費用が安くなる場合があります。


利用人数が1人でも満席でも費用はほぼ同じなので、グループで利用した方がお得です。飛行時間は最短で6分または10分のコースから、最長で30分のコースまで選ぶことができます。



飛行時間が短く思えるかもしれませんが、ヘリコプターは離陸後に高速で移動することができるので、10分程度のフライトでもかなり遠方まで行くことができます。

ちなみに大都市上空では上空600mから地上の景色を眺めることが可能で、これは東京スカイツリーと同じくらいの高度です。



セスナ機を利用した遊覧飛行のサービスもありますが、飛行速度が遅いヘリコプターの方が上空からゆっくり観光名所を眺めることができます。

top